<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

キャリーワンピ

みずほさまより先日も豪華な品々を頂いたのに、今度はキャリーのワンピを頂いてしまいましたemoticon-0115-inlove.gif

Sex and the City 2 のポスターで(サングラスが不評だったポスター)、キャリーが着ていたあの白のワンピですemoticon-0152-heart.gif

こちらはキャリーが映画で着ていた白のワンピ。Halston Heritage のものです。
e0191533_13412734.jpg


こちらが頂いたワンピ。着ている者がイマサンでスミマセンemoticon-0141-whew.gif
光沢のあるネイビーにウエストがキラキラのデザインのものです。形はキャリーと同じです。
e0191533_13421470.jpg

e0191533_1343522.jpg

程よい丈に、ラメのウエスト、光沢のある生地と三拍子そろった豪華な一枚です。田舎に住んでいると着る機会が少ないかもしれませんが、愛用させて頂きますっ!

どうもありがとうございましたemoticon-0123-party.gif
今年も大変お世話になりましたが、来年もどうぞよろしくお願いします。
また日本でお会いしたいです★
[PR]

by ringo-ringo2 | 2010-12-30 13:56 | about me

やっと逢えたね 

by 辻仁成 

10月に発送して頂いたのにも関わらず、2ヶ月も間があり、やっと受け取ることができました。

いつもいつも面白い内容が満載の、liliaの 瞬間湯沸かし記のliliaさんから、頂きました。
お~、ジャパンです。
e0191533_13565982.jpg

e0191533_13571532.jpg
e0191533_13572828.jpg
e0191533_13574072.jpg

立体猫カレンダー、可愛いクリップ、ゲゲゲの夫婦パイ、さきイカ、ウメと沢山頂きました。夫婦パイの箱に、「最後よければすべてよし」と書いてあり、あ~そうだなと思ったのでした。どれも可愛く、大変嬉しかったです。キュートなイラスト入りお手紙もありがとうございました♪ 
今後ともどうぞよろしくお願いします。

いつも素敵な物を送って下さるみずほさんからも♪ 
e0191533_1412841.jpg

e0191533_1414150.jpg

ふわふわのミット、ジルスチュアートのコスメバック、健康によさそうなお茶と、いつもいつも送って下さりありがとうございます。ミットは、もうナウすぎて、笑ってしまいました。犬に狙われないように気をつけます。。
キャリーワンピは改めて載せますね。いつも本当にどうもありがとうございます。
[PR]

by ringo-ringo2 | 2010-12-29 14:06 | about me

違え

私は、非常によく間違えます。

聞き間違えから始まり、読み間違え、勘違い、気のせいなどなど、7つの習慣を読む前の問題があるだろうっと自分を叱責するほど、間違えます。

今日も、日本食レストランにて、博多ラーメンと明太おにぎりを注文しようと決めていたのに、いざとなると、「明太ラーメンと博多おにぎり下さい、、、」。

こんな具合に間違えてしまうのです。
聞き間違えが一番ひどいかな。。
[PR]

by ringo-ringo2 | 2010-12-27 13:20 | about me

7つの習慣

本との出合いを知った去年ですが、今年最後に出会ったこの一冊。

スティーブン・R.コヴィー著の「7つの習慣」。
e0191533_15364573.jpg


米国までの道のり約2000キロを走った車の中で読んだこの本。こういう手の自己啓発系って、基本的に好きなのですが、今まで読んだ本のなかで一番納得できた内容です。

7つの習慣を説明する前に、パラダイム転換について書かれています。
パラダイム転換とは、「ああ、なるほど」と違う解釈で物事を見られるようになった瞬間のことで、この瞬間が大きいほど、強烈な体験をし、それが大きな変化の原動力になると述べております。

私はね、ひょっとしてこのパラダイム転換は、ユダヤ人が最も大切にする「ジョーク」にあると思うのです。ユダヤ・ジョークによると、突拍子もない展開が大きいほど、笑いに繋がり、新たな変化に繋がると教え(?)があります。困難に直面したときは、笑学の英知が乗り気る力になると。そりゃね、歴史的に常に迫害され続けたわけですから、生き延びる方法っを一番知っているのではないでしょうか。

本の中で、ひとつめの習慣に衝撃を受けました。ひとつめの習慣は、自己責任。
自己責任とは何か。
英語で、「responsibility」であり、これは「response(反応する)」と 「ability(能力)」の2つの言葉からなっている。要は、外的な刺激によって、どう自分が反応するかは、自己の責任であるということ。
刺激と反応の間に、「選択の自由」が存在することを言っています。この本で引用されている、「あなたの許可なしに、あなたを傷つけることはできない」。
なるヘソ~。

今まで読んだスピリチュアル系、引き寄せの法則系の自己啓発系の本は理解できたが、どうも納得できな
い部分も多かったが、この本は、非常に論理的に説明されており、理に適っていると思ったのでした。まだ読破していないけど、この本は良さそう。

ちなみに、ユダヤ・ジョークをひとつ。

とある動物園にて、ライオンと羊が共に檻の中でとても幸せそうで争いもなく、平和に暮らしていました。

それを見た熱心な宗教家が、「これこそが、天国だ!」と大変感動し、ユダヤ人の飼育係りに、「なぜライオンと羊がこんなにも平和に暮らしているのか?」と訊ねました。

ユダヤ人の飼育係りは、答えました。「そりゃ、毎朝、羊を一匹いれているからさっ」
(毎朝ライオンの餌になる羊を与えているから平和というブラックジョーク)

このジョークに、パラダイムが存在すると思いますネ。
[PR]

by ringo-ringo2 | 2010-12-26 16:22 | about me

クリスマス

全くクリスマスの気がしない。今年は興味もゼロ。どうしてかしら~

とはいいつつ、言い訳として、自分へプレゼントはしっかり買いました。
(夫には折りたたんで袋に入れられるユニクロのダウンジャケットを3枚。)

ブラックダイヤ、スモーキークウォーツ、シトリン、ペリドットあたりの指輪を考えていたところ、店頭で気に入ったデザインがあったので、自分へのプレゼント・その1として購入。

スモーキークウォーツにサイドがダイヤの指輪。華奢なセッティングとゴールドがなかなかマッチしており、極小ダイヤもしっくりきます。マイ好みは、色石は派手なデザインで。
e0191533_1334356.jpg
e0191533_13341690.jpg


マンゴの成長。
日々成長しているようで、まだまだ仔猫だにゃ。ココとりんごの2匹が、マンゴの面倒をみています。
e0191533_13424113.jpg

e0191533_1343591.jpg
e0191533_1343208.jpg


りんご(手術済・オス)は辛抱強くマンゴの遊び相手になってあげるし、お兄さんとしてちゃんと面倒看るから、もう、もうっ、気を失うほどかわいい♪♪
e0191533_13551545.jpg

e0191533_13554441.jpg

e0191533_1354453.jpg
 


明日から米国へ向けて出発です。長い道のり。


ポニョって人面魚なんだ。
[PR]

by ringo-ringo2 | 2010-12-24 13:58 | about me

Issa London

つい先日婚約発表をした、ウィリアム王子。

一瞬で判りましたよ、イッサロンドンって。極上シルクジャージのみが発するあの光沢は、さっすがです。

図々しいと言われそうですが、イッサロンドンを着れば、ケイトさんのシルエットに、誰でもなれますっ!!
女性を研究しくしているデザインをコンセプトにするだけあって、手の届くマジックが存在するブランドです。このマジックがあれば、ダイエットなんて必要ないと思うほどです。
e0191533_14134415.jpg
e0191533_14135641.jpg
e0191533_1414735.jpg


ちなみに、ご注文は、こちらから。今後、再入荷があるようです。関税を払っても価値がある、イッサロンドン。もうイッサにベタ惚れです。

婚約発表で一番驚いたのは、イッサを着て登場したケイトさんより、すっごい老けてしまったウィリアム王子。5年前に比べると15歳は老けたよな、、、。可愛かったのに、、
[PR]

by ringo-ringo2 | 2010-12-19 14:25 | Dresses

コイ

オレゴンに日本庭園があります。そこの年間会員になっているので、時折ニュースレターが届きます。

本日届いた手紙によると、「鯉を新たに40匹購入する予定があり、その費用は$55,000。だから寄付して♪」という内容でした。

このご時世に、たかが(されど?)鯉に大金を費やす必要なんてないんじゃないの~。しかもさ、その額を寄付で賄うなんて、甘いっ。ただ、超リベラルなオレゴンらしい。超リベラルって、頂戴頂戴精神が強いのなんのって。それでいて、ケチ(苦笑)。

こっちはリンダル・シーダー・ホームに騙されたっていうのに、鯉を見たって、癒されるどころか、人面魚はまだご健在かしらと思う程度で、得に癒されませんよ。。
[PR]

by ringo-ringo2 | 2010-12-17 11:58 | USA

モントリオール上陸

カナダのフランス語圏である、ケベック州にあるモントリールに用事があり、2泊3日で行って来ました。

到着時から吹雪で、一歩外にでれば、激しい雪が遠慮なく顔にあたり、「あ、イタタ・・・」の刑になりました。道端に積もった雪も膝丈と、歩くのも困難。

そんな中、前からアジア人の若い女の子が、ミニスカ+ブーツで歩いてきました。
思わず、「ありゃ、寒いだろ、、、」と言ったところ、
夫は、「きっとモンゴル人だから、寒さに慣れているんだよ」と真顔で返答し、モンゴルとう発想に、うっかり笑ってしまった。

アメリカンジョーク的であまりにも適当なコメントで、モントリオール=モンゴル、吹雪=モンゴルが成立してしまった。。。

カナダ式フランス語を話すモントリオール人達は、やっぱりフランス語でした。標識から店頭で支払うときのATMの機械もフランス語。入ったレストランのトイレには、「女・男」としかフランス語で書いておらず、うっかり男便所に入ったことあったけど(用も足した)、最近さらに面の皮が厚くなったから、しるかわ・こうじで通しましたよ。

そんな態度だったからか、または観光客丸出しだったからか、モントリオール人はとにかく優しく・親切でした。道に迷い、スタバのお姉さんに聞いたところ、スタバに居たお客さんまでもがグーグルマップを見て、あーだ、コーダ、左だ右だ、とホントに親切に教えてくれました。2泊3日なのに、こんな経験が数回。
親切にしいてくれると、この地域の景気の貢献したい! と思うもので、購買力にも火が付き、暴飲暴食・買物と大変満喫した数日となりました。

絶対にまた来るからな。モントリオールよ、5963と思った街でした。

ちなみに、思い出は心のメモ帳に書き留める主義のため、デジカメ持参だったのにもかかわらず、一枚も写真を撮っていなかった。。。まあ、おうし座の欠点である面倒が主な理由です。
[PR]

by ringo-ringo2 | 2010-12-16 15:06 | CANADA

裁判結果

12月1日に出廷してきましたよっ。

長くなり、言いたいことは山ほどあるけど、手短に言うと、はやり「正義は勝たない」という結果でした(苦笑)。

裁判官にも何度も「証拠がある」、「口頭契約は成立していない」、「どれだけ怪しい行動だったかを証明するメール内容も用意している」や、「リンダルシーダーホームの手引書にはちゃんと書面で説明してある」と異議を唱えても、「そんな細かいことは不要」却下されました(苦笑)。

やはり、カナダは甘かった。。

裁判官いわく、書面で書かれた契約内容を信じた私達にも非があり、他人を信用したのも私達の責任だそうです。。。
他人も・書面も信用するなって、どんだけヤミなんだよ、このカナダはと思ったのでした。

法律とは加害者の言い訳に正当性とあたえるが、被害者を保護する為ではないと痛感。

日本にもある業者ですが、今だから言います。
リンダルシーダーホームには関わらないほうが良いです! 経験上、相当悪徳です!! 営業妨害と言われても、知らんがな。

今回のリンダルシーダーホームに関する被害総額は、$27,000、、、
もちろん戻りませんヨーダ。

ただ、人生でどれだけの確立で裁判の当事者になるかを考えると、よく言えば、まあいい経験でした。面の皮が厚くなったのを実感しております。これ以上厚くなったら、そろそろ脱皮時期でしょうか。

腹が立つから、一生、このネタを使お~っとemoticon-0136-giggle.gif
[PR]

by ringo-ringo2 | 2010-12-14 12:33 | CANADA