カナダの裏事情

正直に言うと、やっぱりここの国は合わないんですよ。住めば都と言うけど、無理。この、なんと言うか、優等生のふりや誤魔化しが上手い点が、どうも駄目なんです。駄目なら駄目、汚いなら汚い点から向上すればよいのにさ。

本日の国営放送のニュースを見て、もうビックリ。

この間、ブリティッシュコロンビア州のゴミ捨て場に、赤ちゃんの死体が発見されたのです。望まない出産だったかもしれないし、何かの事件に巻き込まれたのかもしれません。
が、このニュースがきっかけとなり、バンクーバーの病院に「赤ちゃんの捨て場」を設けたのです。望まない出産の場合は、病院のビルの外壁にあるドアを開けると、赤ちゃん用にベットが設置してあり、そこに赤ちゃんを捨てることができるのです(私が育てたいよ)。

バカみたいに人権、人権、人権と騒いでいるけど、赤ちゃんを捨てることは、OKのようです。

このニュースを聞いたときにたまげたけど、アナウンサーは爽やかな顔で「良かったね♪」という呑気なコメントをしていたけど、これが普通のリアクションなの?! おかしいと思う私が異常なのか?! 

それ以外にも吐きたいことは数知れずありますが、先日のアースデイに行われた数々のイベント。ボランティアが公園に放置されてある注射器を拾うという活動もありました。どこがアースデイだよ!と突っ込みたいところですが、ドラック中毒者が嫌がらせに公園に使用済み注射器を放置するんですよ。悪質な場合は、わざとベンチに針を上に向けて固定する人もいるんです(他人へのエイズ感染が目的)。その一方で、国が無料で注射器を配布しているし、やっぱりおかしいと思う私が異常なのでしょうか?!

こちらは、うちの管轄であるごみ捨て場。先進国とは思えない光景です。野良猫ちゃんもいます。
e0191533_12451152.jpg


冷蔵庫、洗濯機、ベット、生ごみ、BBQセット、注射器、タイヤなどなど、すべてここに埋まられます。1キロ先には飲料水となる川も流れていますが、対策は一切ナッシング。注意:フィリピンではありません。

環境問題とか自然に優しいとエリートぶっているけど、環境対策は米国、いやメキシコ以下です。資源大国でも国が企業に土地利用権利を低額で売り、環境配慮へのガイドラインがないから企業は掘ったらそのまま、林業も切ったらそのまま、原発の情報隠蔽(日本のレベルではない)、最悪な医療問題などなど、もう本当にミラクルワールドです。それでいて、企業は社会貢献とばかりに、ちゃっちいスポーツイベントや子供騙しのイベントを開催して、イメージアップ+税金対策しているけど、騙されませんよ。

一度、カナダが直面している森林伐採の問題について、カナダを例にとり大学でプレゼンをしたことがあります。「でも、カナダは世界一だと」(カナダ人の口癖)というカナダ人に異議を唱えたら、村八分(村九分)に遭いました(そりゃそうだね)。

ぶっちゃけ、日本のお国の人がカナダ産肉の視察にくると、カナダ滞在中は一切肉を口にしないです。現実を見ちゃったからね、、、。私も見たから、わかります。

こういうリアクションをとる私は、さっさと出て行けって話だね(苦笑)。うん、そう思います。

改めて日本の良い点を考えると、自国のことでも批判が出来ること雰囲気があることかなと思います(米国も)。



NYの5番街に、ユニクロは出店して欲しくない。。。5番街は、永遠の憧れであって欲しい。
[PR]

by ringo-ringo2 | 2010-04-30 13:01 | CANADA